無農薬‐種.com
無農薬‐種.com

無農薬種子(根物野菜)

大丸聖護院大根解説

写真をクリックすると拡大します

【商品№】 2522
【内容量】 15㎖
【税込価格】¥216

 

大丸聖護院大根

京都の伝統野菜

 大根の原産地は中央アジアとも、地中海沿岸ともいわれますが、はっきりとはしていないようです。古くから栽培されている野菜の代表で、日本には中国から入り、各地に広まり様々な品種へと分化していきました。「日本書紀」にも記述があり、スズシロとして春の七草にも数えられ、日本人にはなくてはならない野菜です。現在のように全国でポピュラーな野菜になったのは江戸前期ぐらいからと言われています。
 根にはビタミンCや消化酵素ジアスターゼを多く含み、消化をたすけ、胃もたれなどに効果があると言われています。また、魚の焦げなどに含まれる発がん物質を抑える働きがあると言われる成分を含んでいます。葉にもビタミンやミネラルが多く含まれるので、スーパー等では輸送や販売の関係等で切り取られてしまうことが多いですが、家庭菜園なら手軽に利用できます。
 本種は、宮重大根の変種と考えられ、京都府左京区聖護院付近で改良されたものと言われています。土質の浅い京都に適応していて、耕土が浅くても栽培ができます。耐病性、耐寒性が強い冬採りの丸大根です。肉質は緻密で甘みがあり、煮崩れしにくいので、おでんなどの煮込み料理に最適です。京都の冬の風物詩「大根炊き」にも使われます。

 【栽培のポイント】

 発芽後倒れてしまった苗は、早めに起こし、株元に土寄せをしておきましょう。
 高温期の早まきは、病害虫が発生しやすくなるので、極力避けましょう。