無農薬‐種.com
無農薬‐種.com

無農薬種子(実物野菜)

黒宝丸ナス解説

写真をクリックすると拡大します

【商品№】 3084
【内容量】 0.5㎖
【税込価格】¥540

 

黒宝丸ナス

丸ナスの一代交配種

 ナスの原産地はインドと言われ、日本には8世紀ごろ入ったと言われています。栽培は日本全国に広まり、各地で気候風土にあわせて変異し、多くの品種が土着固定され生まれました。各地域の伝統的なナスは生育にクセがあり、栽培にはコツのようなものを必要とすることが多く、その地域以外ではあまり広がりませんでした。現在はそれらを基にした交配品種が栽培の大多数を占めています。かつてナスは栄養のない野菜と言われていましたが、近年では、紺色の皮に含まれるアントシアニンがガンや動脈硬化、高血圧に効果があると言われています。
 本種は、丸ナスを家庭菜園でも作りやすくするために改良された交配種です。低温時でも着色不良や奇形果の発生が少ない品種です。茄子田楽などでとろけるような美味しさを味わえます。

 【栽培のポイント】

 ナスは乾燥が苦手で水分を欲しがるますが、かといって過湿も嫌いです。株は必ず地面よりために植え付け、排水を良くしつつこまめに水やりをしましょう。
 最初の頃の実は大きくすると株が弱り、その後の着果が減少する原因になりますので、1~3番目までの実は早めに収穫しましょう。