無農薬‐種.com
無農薬‐種.com

国産無農薬種子

松本一本太ねぎ解説

写真をクリックすると拡大します

【商品№】 3160
【内容量】 10㎖
【税込価格】¥324

 

松本一本太ねぎ

長野県松本市の伝統野菜 

 ネギは大きく分けて二つに分かれ、白い部分の多い根深ネギ系と緑の部分が多い葉ネギ系があります。前者は東日本で多く栽培され、後者は西日本での栽培が主になります。中国では紀元前からその栽培の記録があり、日本でも奈良時代には栽培が始まったとされる歴史に長い野菜です。香り成分アリシンを含み、血行促進や血栓予防、抗菌作用などに効果があるとされています。
 松本一本太ねぎは長野県松本市周辺で江戸時代より栽培され、徳川家にも献上されていたと言われる美味しいねぎです。お隣群馬県下仁田町特産の「下仁田ねぎ」と同じ仲間で、肉質柔らかく、甘味と風味に富み、鍋物に最適の品種です。松本市の名物「桜鍋」にもよく使われます。地元では、夏に植え替えを行い、わざと斜めに植えて曲がりねぎにして出荷販売しています。

 【栽培のポイント】

 家庭菜園では曲げずに育てても問題ありません。
 酸性土壌に弱いので、十分に石灰を施し中和しておきます。